HYPSTER|HYPNOSISMIC -D.R.B- OFFICIAL FANCLUB

HYPSTER利用規約

『ヒプノシスマイク』オフィシャルファンクラブHYPSTERのご利用に当たっては、以下の利用規約の内容を承諾し、かつ遵守していただくものとします。

第1条(目的)
HYPSTER(以下「当会」といいます。)は、『ヒプノシスマイク』を応援する会員によって構成され、『ヒプノシスマイク』を応援することを目的とします。
第2条(会員規約)
  1. 1. 会員規約(以下「本規約」といいます。)は、当会が提供するサービスを、会員(第4条に定義します。)が利用する一切の場合に適用するものとし、当会への入会をもって本規約の内容を承諾したものとみなします。
  2. 2. 第3条の通知および本規約と別途当会が定める各サービスの利用規約等(以下、併せて「利用規約等」といいます。)は、その名称の如何にかかわらず本規約の一部を構成するものとします。
  3. 3. 本規約と利用規約等の規定が異なる場合は、当該利用規約等の規定が優先して適用されるものとします。
第3条(会員への通達)
当会は会員に対して、郵送物・メールおよび当会の運営するウェブサイト上への表示、その他当会が適当と判断する方法により、必要な情報を通知します。
第4条(会員)
本規約における会員とは、当会の指定する手続きに基づき、所定の方法にて入会を申込み、当会がこれを承諾し、本規約第8条に定める会費等を入金した個人を言います。
入会を申し込む者が未成年である場合は、あらかじめ親権者その他の法定代理人の同意を得なければならないものとします。
第5条(入会の承諾)
  1. 1. 当会は、当会への入会申込を行なった者が次のいずれかに該当すると判断した場合、当会への入会を承諾しない場合があります。

    • 1-1 過去(入会申込をした時点を含みます)に本規約の違反等により、当会の入会承諾が取消され、または退会処分とされたことがある場合。
    • 1-2 入会申込の内容に虚偽の記載、誤記、または記入漏れがある場合。 個人ではなく法人の場合。
    • 1-3 既に同一個人で会員登録を行なっている場合。
    • 1-4 日本国外に在住し、日本国内に配達可能な所在地を持たない場合。
    • 1-4 その他、当会が会員とすることを不適当と判断する場合。
  2. 2. 当会は、入会を承諾した後であっても、承諾した会員が前項各号のいずれかに該当することが判明した場合には、承諾を撤回することができるものとします。
第6条(退会処分)
  1. 1. 当会は、会員が次の各号のいずれかに該当する場合には当該会員を退会させることができるものとします。

    • 1-1 本規約第11条に定める禁止行為を行った場合
    • 1-2 本規約第8条に定める料金を滞納した場合
    • 1-3 その他、本規約に違反した場合
    • 1-4 前3号の他、退会処分が適当であると 当会が判断する場合
  2. 2. 退会処分とされた会員には、理由の如何を問わず、支払い済みの年会費の返還はできません。また、損害賠償請求等の一切の権利行為ができません。
第7条(会員特典)
  1. 1. 会員は次の各号の特典を受けることができるものとします。

    • 1-1 入会特典の提供
    • 1-2 会員限定ウェブコンテンツの提供
    • 1-3 会員限定オリジナルグッズの購入
    • 1-4 チケット先行予約
    • 1-5 その他当会が定める特典
  2. 2. 会員がインターネットや特定の電子機器、アプリケーション等を利用しないことによって生じるサービス低下や情報伝達の遅れによる不利益に対し、当会はいかなる責も負わないものとします。
  3. 3. チケット先行予約の対象会員は、実施日程と共に告知いたします。システムの都合上、入会時期によっては会員であってもチケット先行予約を利用できない場合があることをご了承いただくものとします。
  4. 4. 前項各号に定める会員特典については、定期的な提供を保証するものではありません。
第8条(会費等)
  1. 1. 会員は、入会時および次条に定める会員資格の有効期間の延長時に、次に定める会費(以下「会費等」といいます。)を当会に支払うものとします。
    入会金:1,000円(税別)
    年会費:5,000円(税別)
  2. 2. 前項に定める会費等の支払方法等は、当会が別途定めるものとします。
  3. 3. 本サービスのご利用には会費等と別途で通信料がかかります。お客さまがパケットサービスをご利用の場合には送受信の通信料がかかります。
  4. 4. 当会は、会員が支払うべき会費等を支払わない場合、その他本規約に違反した場合は、何ら通知または催告なしに、会員に対する本サービスの提供を停止し、又は利用を解除できるものとします。
第9条(継続)
  1. 1. 会員資格の有効期間(以下「有効期間」といいます。)は、入会日(初年度年会費の入金日が属する月の初日)より1年間(13ヶ月)とします。
  2. 2. 会員資格の継続を希望する会員は、有効期間満了日までに次年度の年会費を所定の方法にて必着で入金するものとし、入金確認をもって有効期間が延長されるものとします。
  3. 3. 有効期限が満了した場合であっても、当該満了日から1ヶ月が経過するまでの間に次年度の年会費を入金することにより、満了日から起算して1年間の継続ができます。尚、有効期限満了日から1ヶ月が経過した場合は、改めて入会手続きを行なうものとします。
  4. 4. 第3項に従って手続がされた場合、有効期間の満了日から年会費の入金確認日までに会員に発送された郵便物の再送は行わないものとします。
第10条(会員の義務等)
  1. 1. 会員は、当会から付与された会員証、会員番号およびパスワードを自己の責任で管理するものとし、これらの管理不十分、使用上の過誤、第三者による使用等により会員に損害が生じた場合、当会は一切責任を負わないものとします。
  2. 2. 会員は、当会から付与された会員証、会員番号およびパスワードを第三者に貸与、譲渡、名義変更等してはならないものとします。
  3. 3. 会員は、氏名、住所、電話番号、その他入会申し込み時に当会に届け出た内容につき変更が生じた場合は、速やかに当会の指定する方法での変更手続または当会への届出を行うものとします。
  4. 4.会員が、前項の届出等を怠った結果、当会からの告知等が会員に届かなかった場合、当会は一切責任を負わないものとします。
  5.            
  6. 5.会員は、会員特典のサービス提供に際して、会場の都合等によって申込や利用に抽選等の制限を設ける場合があること、また『ヒプノシスマイク』に関するチケット販売や番組観覧であっても会員が先行予約の対象にならない場合があることを了承するものとします。
  7. 6.会員は、当会や他の会員、『ヒプノシスマイク』に関係するすべての個人、団体に対する誹謗中傷、同内容を執拗に問い合わせる等の迷惑行為は慎むものとします。
  8. 7.会員は、当会から通知する内容やイベント会場等での指示、案内に従うものとします。
第11条(禁止事項)

1. 会員は当会の利用に際し、次の各号の行為を行ってはならないものとします。
各号の行為が確認された場合、何ら通知または催告なしに会員に対するサービスの提供を停止または利用を解除し、本規約第6条の定めるところにより退会処分を行うものとします。

  1. 1-1. 会員資格の売買・譲渡、名義変更・共有、第三者への貸与
  2. 1-2. 架空名義や虚偽、重複登録
  3. 1-3. 当会を通じて入手した全てのデータ、情報、文章、音、映像、イラスト、当会からのメール等について、著作権法で認められた私的利用の範囲を超えて利用すること。また、それらを他媒体に転載する等の行為によって第三者に漏洩させること。
  4. 1-4. 『ヒプノシスマイク』関係者および当会関係者、その他の第三者の財産、プライバシー等の権利もしくは肖像権を侵害すること、またはそのおそれのある行為をすること。
  5. 1-5. 『ヒプノシスマイク』関係者および当会関係者、その他の第三者を誹謗中傷し、その名誉または信用を毀損すること、またはその恐れを生じさせること。
  6. 1-6. 会員特典により得られたチケット先行予約の参加権、チケット、グッズ、その他会員資格に基づき有する権利を第三者に転売する等、第三者に対し譲渡、貸与、名義変更すること、または質権の設定その他の担保に供すること。
  7. 1-7. 『ヒプノシスマイク』関係者および当会関係者に対し、連絡や面会を強要すること、または連絡や面会を当会およびその関連企業・団体に申し入れること。
  8. 1-8. 当会を利用して自己または第三者の営利を目的とした活動、およびその準備を目的とした活動を行うこと。
  9. 1-9. 当会を利用して選挙の事前運動、選挙運動またはこれらに類似する行為および公職選挙法に抵触する行為をすること。
  10. 1-10. 当会を利用して宗教の宣伝を含む宗教的行為、および宗教団体の設立・活動、宗教団体への加入等宗教上の結社に関する行為をすること。
  11. 1-11. 上記各号の他、法令または公序良俗に違反する行為もしくは当会の運営を妨害する行為を行うこと。

2. 前項各号の行為を行った会員に対し、当会は会員証および身分証明書の提示を求める事が出来るものとし、会員はそれに従うものとします。従わない場合、前号と同様の処分を行えるものとします。
また、以後の『ヒプノシスマイク』関連イベントおよび公演への入場制限等を行うことが出来るものとし、それによって被る損害に対しての補償、チケットの払い戻し対応は一切いたしません。

第12条(退会等)
  1. 1. 会員有効期間満了日までに継続手続きが行なわれなかった場合、当会の退会手続きを行ないます。
  2. 2. 当会は、会員が退会するにあたり、会員が既に入金した会費および当会のサービスの利用料等の返還は一切行わないものとします。
  3. 3. 会員は、会員特典による商品等の購入代金その他当会のサービスの利用料等につき、退会の時点で支払義務が発生しているものについては、退会後も支払義務を免れないものとします。
第13条(サービス内容の変更等)
  1. 1. 当会は、会員に対し事前に何らかの通知を行うことなく、当会の会員特典その他サービスの内容を変更することができるものとします。
  2. 2. 当会は、前項の場合、第3条に定める方法により事後に会員に対し通知を行うものとします。
第14条(サービスの停止等)
  1. 1. 当会は、天災地変、電気通信サービスの中断、行政からの休業要請、その他やむを得ない事由がある場合、会員に対し何らの通知を行うことなく、当会のサービスの全部または一部の提供を停止または中止することができます。
  2. 2. 当会は、制作の事情、当会の運営状況、その他の予期できない事情により、会員に対し事前に何らの通知を行うことなく、当会のサービスの全部または一部の提供を停止または中止することができるものとします。
  3. 3. 当会は、前項の場合、第3条に定める方法により事後に会員に対し通知を行うものとします。
第15条(当会の解散)
  1. 1. 当会は、『ヒプノシスマイク』の制作状況その他の事情により当会の運営を継続し難いと判断した場合には、当会を解散することができるものとします。
  2. 2. 前項の場合、当会は会員に対し、既に入金済みの会費等の返還は行わないものとします。
第16条(個人情報の取扱)
当会は、当会における会員の個人情報の取り扱いに関する事項については、当会が別途定めるプライバシーポリシーに従うものとし、会員はこれに従うものとします。
第17条(損害賠償)
会員は、当会の利用に関し、自己の責めに帰すべき事由により当会またはその他の第三者に対して損害を与えた場合、これを賠償する責任を負います。
第18条(免責)
  1. 1. 会員は、当会の責めに帰すべき事由により、当会の利用に関し損害を被った場合、当会に対してその賠償を請求することができます。ただし、当会が会員に対して負担する賠償責任は、当会に故意または重過失がある場合を除き、会員が当会の利用に関して支払った金額に相当する額を上限とするものとします。
  2. 2. 公演日が指定されたチケットなどの郵便物を不在等の理由で受け取らないまま公演日を過ぎた場合はすべて無効となり、代金の返還はいたしません。
  3. 3. 天災地変、電気通信サービスの中断、パソコン等会員が使用するインターネット接続機器の不具合、その他、当会の責めに帰すことができない事由により、当会のサービスの利用における障害については一切責任を負いません。
  4. 4. 第3条に定める方法により通知した場合、会員が受理できる環境にない場合であっても会員は何等異議を唱えることはできません。
  5. 5. 各金融機関による手続きの不備や事故に関して当会では責を負いません。
  6. 6. 公演等の告知をオフィシャルホームページや電子メール等のファンクラブ以外の他の媒体と平行して発行することがあります。
  7. 7. 当会より会員に対して発送を行った場合、当会が最も良いと判断する方法で会員に通知し、同時に発送物の未着受付期間を提示します。発送物の未着が生じた場合、会員は未着受付期間内に当会にしかるべき方法で連絡をするものとします。いかなる理由であっても未着受付期間を過ぎてからの対応はいたしません。また、住所不備や、住所未登録など会員の不備による発送物の再送は基本的に行いません。行う場合もその発送料(当会が定める)は会員負担といたします。
第19条(規約の変更)
当会は、会員に対し事前に何らかの通知を行うことなく、本規約の内容を変更、追加、修正、削除することができるものとします。その場合、第3条に定める方法により会員に対し通知を行うものとします。
第20条(協議事項)
本規約に定めのない事項または本規約の解釈について疑義が生じた場合、会員および当会は双方誠意を持って協議の上これを解決するものとします。
第21条(管轄)
会員および当会は、両者の間で本規約につき訴訟の必要が生じた場合、東京地方裁判所を第1審の専属的合意管轄裁判所とすることに合意するものとします。